玉鬘 ― たまかずら ―(観世)
玉葛 ― たまかずら ―(宝生・金春・金剛・喜多)

  • 作者 金春禅竹
  • 素材 『源氏物語』
  • 場所 大和国初瀬川から長谷寺へ
  • 季節 秋
  • 時 平安時代後の設定
  • 演能時間 約1時間
  • 分類 4番目 執心物

■登場人物

前シテ・・・里の女
面:深井又ハ 曲見・増、 若女の類ニモ
装束:鬘、鬘帯、摺箔、縫箔腰巻、水衣、腰帯、中啓、棹、(深井、曲見の時は無色・増、若女の時は紅入の装束になる。)
後シテ・・・玉鬘内侍の霊
面:十寸髪(若女、増ニモ)
装束:鬘、紅入鬘帯、摺箔、紅入唐織、鬘扇
ワキ・・・旅僧
装束:角帽子、無地熨斗目、水衣、緞子腰帯、墨絵扇、数珠
アイ・・・初瀬寺門前の者
装束:素袍上下

■あらすじ

諸国一見の僧(ワキ)が初瀬川に着くと小舟に乗った女(シテ)が現れる。女は秋の淋しさを嘆きながら急流の初瀬川棹さして来る。僧は女に話かけます。女は初瀬に詣でる来る者と言い、僧と一緒に御堂に向かいます。二本杉にて僧は源氏物語に読まれている古歌を思い出し女に問うと、古、玉鬘内侍が初瀬へ詣でた時 母夕顔の侍女右近が見つけて詠んだ歌と答え、玉鬘の母夕顔が死んだ後九州へ行ったが、又都へ戻った経緯を語り、波乱に満ちた人生の迷いを晴らしてくれと頼み消え去る。玉鬘の跡を弔っていると、玉鬘内侍が在りし日の姿で現れ、優柔不断の心から浮世の流れに流され浮き名ばかり立ち、死後それは煩悩となり、自分では払えども払えども黒髪の結ぼうれる如く闇路へと入っていったと云う。しかし真如の心で妄執を翻す事が出来たと語り去っていく。

■小書

なし

■舞台展開

  1. 諸国一見の僧(ワキ)が南都の霊社を見て、これから初瀬へ詣でる事を述べ、三輪の辺りを過ぎ初瀬川へ着く。
  2. 折りしも初瀬川を小舟に棹をさし、上って来る女(シテ)がいる。女は秋の風情と淋しさを嘆きながら来る。
  3. 僧は女に声を掛け、共に長谷の御堂へ詣でる。
  4. 二本杉へ着くと、僧は源氏物語に詠まれている歌を思い出し、女に尋ねると、女は玉鬘内侍の事を詳しく語る。
  5. あまり詳しい話に不審がる僧に女は、自分の迷いを救って欲しいと頼み立ち去る。
  6. 僧は所の人に尚詳しく尋ね、女は玉鬘の亡霊であろうと推察し、弔いを始める。
  7. 玉鬘内侍の霊が現れ、妄執に苦しんでいる様子を述べ、しかし弔いによって真如の心を得ることが出来、長い闇路から立ち去ることが出来た事を喜び消え失せる。

このページのTOPへ

曲目解説