高砂 ― たかさご ―

  • 作者 世阿弥
  • 素材 『古今集 仮名序』他
  • 場所 前場 播磨国 高砂(現・兵庫県高砂市)
        後場 摂津国 住吉(現・大阪市住吉区)
  • 季節 早春
  • 演能時間 1時間40分
  • 分類 1番目物

■登場人物

前シテ・・・尉
面:小牛尉
装束:小格子厚板、白大口、■水衣、緞子腰巻、尉扇、竹杷(※■は糸偏に圭)
後シテ・・・住吉明神
面:神体
装束:紅白段厚板、白地半切、袷狩衣、繍紋腰帯、神扇
ツレ・・・姥
面:
装束:箔、無紅唐織、縷水衣、杉箒
ワキ・・・阿蘇宮神主友成
装束:大臣烏帽子赤上頭掛、厚板、白大口、袷狩衣、繍紋腰帯、男扇
ワキツレ・・・従者
装束:大臣烏帽子赤上頭掛、厚板、白大口、袷狩衣、繍紋腰帯、男扇
アイ・・・高砂の浦人
装束:長上下

■あらすじ

九州は肥後国、阿蘇宮の神主・友成は、都へ向かう途中、よい機会だと播州・高砂の浦を訪れた。そこで松の辺りを掃き清める老夫婦を見つけ、高砂の松はどれかと尋ねると、今掃き清めていた松がそうだと教えられる。友成が、この高砂にある松と、離れて住吉に立つ松がなぜ相生(夫婦)の松と呼ばれるのかを尋ねると、老夫婦は松の謂われをさまざまに語って聞かせ、自分たちが松の精であると正体を明かし、「住吉で待っています」と告げて、小舟で沖へと消えていった。

浦人の船に乗って住吉へ渡った友成の前に、住吉明神が現れて、舞を舞い謡い、天下泰平を祝福する。

■小書

作物出(宝生流)、真之型(金春流)、真之習(金剛流)、流之型(観世流)、八頭之型(観世流)、流八頭(観世流・宝生流・金春流・金剛流・喜多流)、大(太)極之伝(観世流)、七五三之出端(金剛流)、真之掛之舞(喜多流)、真之留(喜多流)、真之掛留(喜多流)、真之舞(喜多流)、祝言之掛(喜多流)、祝言之舞(喜多流)、無序破急之伝(金春流)、八段之舞(観世流)、祝言之式(観世流、金剛流、喜多流)

■舞台展開

  1. 阿蘇宮の神主・友成(ワキ)と従者(ワキツレ)の登場。京に上る途中、播磨・高砂の浦に立ち寄る。
  2. 老夫婦(前シテ・ツレ)の登場。尉は竹杷(さらえ・熊手)を、姥は杉箒を手に、松の木陰を掃き清めている。
  3. 友成は老夫婦に、高砂の松はどれかと尋ねる。尉は自分たちが掃き清めていた松がそうだと教えると、友成は高砂の松と住吉の松、国を隔てているのになぜ「相生の松」―夫婦の松と呼ばれているのかを尋ねる。
  4. 老夫婦は、実は自分たちも住吉と高砂に離れて暮らす夫婦だが、心が通っていれば遠く離れて暮らしても夫婦であることに変わりないと話し、松もまた同じだと語る。
  5. 友成は、相生の松の謂われを聞かせてほしいと頼む。老夫婦は、この二本の松が「万葉集」と「古今集」に例えられ、松の栄えは和歌の言の葉の栄えを意味し、つまりは天下泰平を象徴しているのだ、と言う。
  6. さらに詳しく聞きたいと言う友成に、松の徳をさまざまに物語り、自分たちが松の精であると名乗って、住吉で待つと言い残して小舟で去っていく。
  7. 間狂言。友成は新調したばかりという浦人の船で住吉へ向かう。
  8. 住吉に着いた友成一行。すると住吉明神(後シテ)が現れて、舞を舞い、天下泰平を祝福する。

このページのTOPへ

曲目解説