実朝 ― さねとも ―

  • 原作 高 浜 虚 子
  • 場所 鎌倉・鶴岡八幡宮
  • 季節 晩秋
  • 分類 新作能

■登場人物

前シテ・・・庭掃き
面:邯鄲男/今若
装束:前/頭巾、無紅厚板、縒水衣 後/赤地着附、白指貫、紺地単衣
ワキ・・角帽子
装束:無地熨斗目水衣
アイ・・仙人頭巾
面:鼻引
装束:無紅厚板、茶縒水衣、白狂言下袴

■あらすじ

鎌倉・鶴岡八幡宮の銀杏の木の下で旅僧が出会った庭掃きは、源実朝の霊であった。実朝は、破れた渡宋の志、また、公暁法師によって暗殺された時のことを物語る。昔を偲んで舞を舞うと、銀杏の木の影へと消え去っていく。

■舞台展開

《前場》

後見によって銀杏の木に見立てた作り物が出される。

  1. 旅僧(ワキ)の登場。伊豆から鎌倉へとやってくる。鶴岡八幡宮に着き、源実朝の暗殺の際、公暁法師が隠れていた銀杏の木を見て、源家の儚さに涙する。
  2. 八幡宮に仕える庭掃き(シテ)の登場。銀杏の葉を掃き清めている。
  3. 庭掃きが僧に気付いて声をかけると、僧は、銀杏の木の下に佇んで、宮柱の詠歌を口ずさみ実朝の跡を弔っていると応える。庭掃きは僧に歌の心、また、実朝の雄々しい歌の姿を語り出す。
  4. 僧に尋ねられて庭掃きは、実朝の幽霊であると明かし、社殿の方へと去ったかと思うと銀杏の木の下に見えなくなる。
  5. 銀杏の精(アイ)の登場。実朝が公卿法師によって討たれた時のことを語り、世の理を想う。

《後場》

  1. 夜、僧が銀杏の木の影で実朝の跡を弔っている。
  2. 実朝の霊(シテ)が「大海の 磯もとゞろに寄する波 割れて砕けて裂けて散るかも」という歌とともに現れる。渡宋の志で、大船を作って由井ヶ浜から漕ぎ出そうとしたが船は動かず砂頭に砕け散ったこと、鶴岡八幡宮の社段にて公暁法師に暗殺された時のことを物語る。そして、昔を偲んで舞を舞う。
  3. 夜が明けはじめ、実朝の霊は銀杏の木の影へと消えて行く。

このページのTOPへ

曲目解説