実方 ― さねかた ―

  • 作者 世阿弥
  • 素材 『西行物語』
  • 場所 陸奥
  • 時 平安時代末期 
  • 演能時間 約1時間30分
  • 分類 三番目物

■登場人物

前シテ・・老人

面:笑尉の類
装束:小格子厚板・水衣、尉扇

後シテ・・藤原実方の霊

面:雛尉又は中将
装束:初冠、白垂、指貫、単狩衣、鬘扇

ワキ・・西行法師

装束:角帽子、無地熨斗目水衣、墨絵扇、数珠

アイ・・里人

■あらすじ

陸奥を旅していた西行法師はある塚が藤原実方中将のものだと里人から聞く。和歌を手向けていると老人が現れ、老人は西行に「新古今和歌集」が編成されたことを尋ねると共に古今集の六歌仙の歌物語を始める。そして都の賀茂の臨時に舞いを舞うことを告げ、西行も見に来るように、といい西方に飛び去った。その夜、西行法師の夢に実方の霊が現れ、冠に竹葉を挿し賀茂の祭りで舞を舞ったことや、君の寵愛を受けたことなどを語り御手洗の水に姿を映して我が姿に見とれる。しかし、よくよく見ると水に映るは老いた自分の姿であり驚愕し落胆する。やがて時ならぬ雷の音と共に実方の霊は消え失せ塚ばかりとなる。

■みどころ

西行法師の夢の中で老いた実方の霊が若き日を追憶し陶酔する姿を描いた作品。  <クセ>は独立した謡物として各流に残り、ききどころ。 世阿弥の『申楽談義』の中に出てくる『西行の能』だと推定されている。   

■ワンポイントアドバイス

1988年(昭和63年)に金春信高、1993年(平成5年)に観世栄夫が復曲試演した。

■小書

ナシ

このページのTOPへ

曲目解説