夕顔 ― ゆうがお ― (観世・金剛・喜多)

  • 作者 世阿弥の可能性
  • 素材 『源氏物語』夕顔の巻
  • 場所 都 五条辺り
  • 季節 秋
  • 時 平安時代の設定
  • 演能時間 1時間20分〜30分
  • 分類 3番目 鬘物

■登場人物

夕顔 写真
前シテ・・里の女
面:若女節木増孫次郎小面、 増の類
装束:鬘、紅入鬘帯、摺箔、唐織、鬘扇
後シテ・・夕顔の女の霊
面:前シテと同じ
装束:鬘、紅入鬘帯、摺箔、色大口、長絹、紅入腰帯、鬘扇
ワキ・・・旅の僧
装束:角帽子、無地熨斗目、水衣、緞子腰帯、墨絵扇、数珠、(大口僧ニモ)
ワキツレ・・・従僧(出ない流儀もある)
装束:角帽子、無地熨斗目、縷水衣、緞子腰帯、墨絵扇、数珠、(大口僧ニモ)
アイ・・・所の者
装束:素袍上下

■あらすじ

豊後の国から都へ上った僧は五条辺りを通りかかった時、ある家から女の歌の吟じる声を聞き止めます。そしてその女にこの辺りの事を尋ねますと、ここは古、融の大臣の屋敷であったが、紫式部が源氏物語に何某の院と書いて由ある所ですと話します。いわくありげな云い様なので僧は詳しく語る事を希みます。女は夕顔の女が光源氏と契った事から、この五条の家で物の怪にとりつかれて死んだ事を語ると、消え失せます。不審に思った僧は所の者に夕顔の女の事を聞き、その亡霊を弔います。僧の夢の中に五障の罪深い身を弔ってくれた事を喜び、仏果を得た事を伝え雲の紛れに消えて行きます。

■みどころ

同類曲「半蔀」の清楚な夕顔の花と、夕顔の女との一体化した様な淡い可憐な物語と違って、この曲は六条御息所の嫉妬にはかなく死んだ暗い哀れさが強調された曲である。「半蔀」の光源氏と夕顔の女の初恋は美しく描かれているのに比べ、この「夕顔」は物の怪に怯えた恐ろしさを間接的な表現で描いた作品である。

■小書

山端之出(観世・金剛・喜多)  法味之伝(観世)  合掌留(金剛・喜多)

■舞台展開

  1. 僧(ワキ・ワキツレ)の九州豊後の国から都への道中
  2. 五条辺りに来ると、ある家から女(シテ)の歌を吟じる声が聞こえてくる。
  3. 僧と女の問答。この辺りの説明から夕顔の女と光源氏の話しヘと展開する。
  4. 僧は詳しく語ってくれれば、夕顔の女の跡を弔うという。
  5. 女の物語り。光源氏が六条御息所へ通い、乳母の見舞いに来た折に、夕顔の花が縁で契りが始まった事から、この五条に連れてこられ、物の怪が現れたかと思うと女は死んでいた話を語り終わると女も消え失せる。
  6. 僧は所の者(アイ)に夕顔の女の話を詳しく聞く。
  7. 僧は懇ろに弔いをする。
  8. 夕顔の女の霊(後シテ)が現れ、凄まじい五条辺りで心細く思った事を話し、弔いによって迷いも晴れたことを喜び雲の端に消えて行く。

このページのTOPへ

曲目解説