花筐 ― はながたみ ―

  • 作者 『世阿弥
  • 素材 「日本書紀」
  • 場所 前場 越前国 味真野(現・福井県武生市池泉町味真野)
    後場 大和国 玉穂(現・奈良県桜井市阿部)
  • 季節 秋
  • 演能時間 1時間20分
  • 分類 4番目 狂女物

■登場人物

花筐 写真

前シテ・・・照日の前

面:若女又は節木増孫次郎小面
装束:摺箔・唐織着流・鬘扇

後シテ・・・照日の前

面:前シテに同じ
装束:摺箔・唐織脱下・鬘扇

ツレ・・・侍女

面:小面
装束:摺箔・唐織着流し・花筺

子方・・・継体天皇(王)

装束:初冠・縫箔・指貫または色大口・単狩衣・神扇

ワキ・・・官人

装束:厚板・白大口・法被・太刀・男扇

ワキツレ・・・使者

装束:無地熨斗目・素袍上・小刀・鎮扇・文

ワキツレ・・・輿舁

装束:厚板 白大口・男扇・輿

■あらすじ

大迹皇子は皇位継承の為に上洛することとなり、寵愛している照日の前へ文と花筐を使者を遣って届ける。照日の前は別れを悲しみつつ文と花筐を抱いて里へと帰る。即位して継体天皇となった皇子は、紅葉の御幸に出かけた折、そこへ物狂となって侍女とともに都へとあとを慕って来た照日の前が行きあう。官人が侍女が持つ花筐を打ち落とすと、照日の前は花筐の由緒を語って官人を非難し別れの悲しさに泣き伏すが、継体天皇はその花筐をみて確かに照日の前に与えた物だとわかり、再び召されて都へと伴われていく。

■ワンポイントアドバイス

親子の別れ、恋しい人との別れを扱った狂女物は中世の巷話が主になっているが、本曲は古代王権の即位を扱った曲であって、他の狂女物とは趣きを異にしている。本曲はツレが出るが、狂女物ではツレが出る曲は大変珍しい。残された趣の国の人々が、一族挙げて都へ押し寄せて来ることをツレを出すことによって象徴的に現わしているといえるであろう。

■小書

筐之伝(観世)、女御留(観世)、大返(観世、宝生、金剛、喜多)、舞入(観世、宝生、金剛、喜多)、安閉留

■舞台展開

  1. 使者(ワキツレ)の登場。大迹皇子が皇位に即く為に上洛したこと、皇子が寵愛していた照日の前へ文と花筐を持って行く旨を述べる。
  2. 照日の前(シテ)の登場、シテとワキツレの応対。使者は事の次第を告げ文と花筐を照日の前に渡して去る。
  3. シテの悲嘆。皇子よりの文を読み、突然の別れを悲しみながら、文と花籠を抱いて里に帰る。
  4. 継体天皇(子方)、輿舁(ワキツレ)、官人(ワキ)の登場。即位して継体天皇となった皇子は、ある日紅葉の御幸に出かける。
  5. 照日の前(後シテ)、侍女(ツレ)の登場。照日の前は別れの悲しさから物狂の状態となり、侍女とともに都へ上る途中、御幸に出会う。心の昂ぶりを示す「翔」が舞われる。
  6. ワキとシテの応対。御幸の前に出た狂女・照日の前を制した官人が侍女の持っていた花筐を打ち落とす。照日の前は帝の花筐だといって非難し、その由緒を語り、泣き伏す。
  7. シテの語り舞。使者より面白く狂い舞い遊ぶようにとの宣旨が伝えられると、李夫人の故事を物語る。激しい「狂い」の部分と、別れの悲しみを語る「クセ」の部分は「イロエ」という短い舞事によって繋げられる。
  8. 継体天皇が花筺をみると、かつて照日の前に渡したものだとわかり、再び側に召されることになって都へと伴われて行く。

このページのTOPへ

曲目解説