藤戸 ― ふじと ―

  • 作者 不明
  • 素材 『平家物語』巻十
  • 場所 備前国 児島(現・岡山県倉敷市藤戸町藤戸)
  • 季節 早春
  • 演能時間 1時間〜1時間10分
  • 分類 4番目 執心物

■登場人物

前シテ・・・漁師の母

面:深井または曲見痩女ニモ
装束:鬘、摺箔又は無地熨斗目、無紅唐織

後シテ・・・漁師の亡霊

面:痩男又は河津
装束:黒頭、無地熨斗目、白縷水衣、腰蓑、杖、墨絵扇

ワキ・・・佐々木盛綱

装束:梨打烏帽子、白鉢巻、厚板、直垂上下込大口、小刀、男扇

ワキツレ・・・従者

装束:無地熨斗目素袍上、 小刀、鎮扇

アイ・・・盛綱の下人

装束:長上下

■小書き

蹉 之伝(観世流)、替装束(金剛流)、後之出端(金春流)、先陣楽器(大蔵流)、大根渡(和泉流)

■舞台展開

  1. 盛綱(ワキ)・従者(ワキツレ)の登場。藤戸の先陣の功により、備前の児島を得たことを述べ、長閑な春の海を島巡りして、新しい領地に着く。「何事でも訴訟のあるものは申し出よ」と領民に触れを出す。
  2. 漁師の母(シテ)の登場。我が子が盛綱によって海に沈められた恨みを述べる。取り合わない盛綱に、せめて弔ってほしいと訴える。
  3. 盛綱は嘆く母を不憫に思い「近う寄って聞き候へ」と言い、浅瀬を教えてくれた若い漁師を、また他の者に告げ知らせることもあろうかと、その漁師を殺して海に沈めたことを述べ、「何事も前世のことと思え」と語る。
  4. 母は、我が子を沈めたという所を盛綱に尋ねる。「我が子を返してほしい」と人目も知らず泣き伏せる。盛綱は弔いを約束して、盛綱の下人(アイ)に命じて家へ帰らせる。
  5. 盛綱は管絃講をもって弔う旨を言い、下人にそのことを触れるよう命ずる。
  6. 盛綱と従者は、大般若経を読誦し、漁師の跡を弔っている。
  7. 漁師の亡霊(後シテ)の登場。盛綱が教えられた海の浅瀬を通って先陣の功を立てたこと、教えた自分は口封じの為に二刀で刺し殺された時の様子を再現して見せる。
  8. 理不尽に殺された恨みを述べる漁師は、盛綱に近寄って杖を振り上げるが、やがて弔いの功徳で成仏する。

このページのTOPへ

曲目解説