恋重荷 ― こいのおもに ―

  • 作者 世阿弥
  • 素材 不明
  • 場所 京都、御所(現・京都市上京区今出川烏丸)
  • 季節 秋
  • 時 平安時代 白河天皇の時
  • 演能時間 約1時間
  • 分類 四番目 執心物

■登場人物

前シテ・・山科荘司

面:阿古父尉 又は笑尉
装束:尉髪、小格子目引、水衣、尉扇

後シテ・・・山科荘司の霊

面:重荷悪尉、鼻瘤悪尉の類
装束:白頭 無紅厚板、半切法被、鹿背杖

ツレ・・・女御

面:小面
装束:天冠、摺箔、緋大口、赤地唐織壷折、鬘扇

ワキ・・・臣下

装束:風折烏帽子 段厚板、白大口、単狩衣、神扇

アイ・・・下人

装束:長上下

■小書

彩色(観世)

このページのTOPへ

曲目解説