新作能 河勝 ― かわかつ ―

  • 原作 梅原猛
  • 脚本 大槻文藏
  • 節附 大槻文藏 
    狂言部分 茂山千之丞
  • 演出 大槻文藏
        梅若玄祥
        茂山千之丞
  • 作調 藤田六郎兵衛
        大倉源次郎
        山本哲也
        三島元太郎
  • 場所 兵庫県赤穂市坂越
  • 季節 初秋
  • 時  平成時代
  • 演能時間 約1時間半

■登場人物

前シテ・・・老杜官(実は河勝の亡霊)
面:小牛尉   
装束:尉髪、翁烏帽子、小格子、白大口 、縷狩衣、腰帯、ひょんの木  
後シテ・・・秦河勝の怨霊
面:鼻瘤悪尉 又は 鷲鼻悪尉
装束:山姥鬘、無紅厚枝、法被、腰帯、打杖
物着:皺尉、冠、白垂、単狩衣、腰帯、神扇
別シテ・・・聖徳太子
創作面:中大兄皇子
装束:神冠、黒垂、紅地着附 装束:指貫、込大口、単狩衣、腰帯、笏、中啓
子方・・・稚児三人
装束:長鬘(無シニモ)着附、水衣、腰帯、又八、縫箔腰巻、腰帯ニモ
ワキ・・・大避神社社官
アイ・・・平成の世の人
作り物
飾舟三艘

■あらすじ

河勝は哲学者梅原猛の画期的新作で、時代は現代・平成の世で、拗ねものは原作者”梅原猛″自身。

怨霊に興味を持つ彼は、世阿弥の伝書に書かれていた、聖徳太子の重臣、秦河勝がうつぼ舟に乗せられ、坂越に流れ着き、怨霊と化したという記載に心惹かれ、新幹線にて坂越への旅へ出る処から始まる。
河勝が祀られている坂越の大避神社で社官に会い、河勝のことを深く教えて貰うが、その社官は実は河勝その人の亡霊であった。日も落ちてくる頃、本物の社官に出会い、河勝を慰める祭りなどを見ている最中、雲行きが怪しくなり、神鳴りする内に、河勝の怨霊が荒れ狂って登場。
社官の祈りに応じて、光明と共に聖徳太子が現れ、河勝を諭す。
「和を以って貴しとは。憤りを忘れ去ること非ず。憤りを基に和の世界へと導くこそ。民に慈悲をば照らすべし」と教えられ、河勝も憤りを鎮め、共に御代を守る約束をし、共に能楽を奏でる。
太子は黒駒に乗り飛鳥の里へ、河勝赤穂の地に留まり守り神となる。

 

このページのTOPへ

曲目解説