鉄輪 ― かなわ ―

  • 季節 秋
  • 演能時間 1時間
  • 分類 5番目物 執心物

■登場人物

前シテ・・・女
面:泥眼深井
装束:摺箔・無紅縫箔腰巻、無紅唐織・笠、無紅鬘扇
後シテ・・・女の生霊
面:橋姫、生成
装束:赤地箔・縫箔腰巻、打杖、修羅扇、鉄輪戴
ワキ・・・安倍晴明
装束:厚板・大口・縷水衣・幣、男扇、風折烏帽子
ワキツレ・・・男(夫)
装束:無地熨斗目、素袍上下、小刀、鎮扇
アイ・・・貴船の宮の社人
装束:烏帽子・括袴・水衣

■小書(異式演出)

「早鼓之伝」(中入之伝)
中入りのところ(神の告を聞き、我が家へ帰るところ)で、小鼓、大鼓が、早鼓と云う演奏をする。凄まじい様相で走り去る妻の心象を表している。また前半の出立も変わる。

■舞台展開

《前場》

  1. [貴船の宮の社人の登場]
    貴船の宮の社人(アイ)が登場。ある日社人は夢の中で神の宣託を受ける。その内容は、都より毎夜丑の刻参りをする女が今晩訪れたら神の言葉を伝えるようにというものである。
  2. [女の登場]
    社人が宣託どおり女を待っていると、やがて一人の女(シテ)が貴船神社に現れる。女は思い悩んだ様子であり、自身が夫に裏切られた苦しい胸の内の思いや恨みごとを述べている。
  3. [女と社人の会話]
    お告げの女はこの者に間違いないと思った社人は「赤い衣をまとい、顔に朱を塗り、頭には鉄輪を巻いて三本のろうそくを灯し、怒る心を持つならば生きながらにして鬼になれる」と神の言葉を女に話す。最初は人違いだと言っていた女であるが、次第に顔の気色も変わり、凄まじい形相となり、走り去る。
  4. [中入り]

《後場》

  1. [安倍晴明と夫の会話]
    一方で、ここ数日の夢見が悪い、と祈祷を依頼するため安倍晴明の元を訪れた夫は、晴明に「深い女の恨みによって、今夜にでも命が危ない」と告げられると、先妻を捨て、後妻をとったいきさつを話し、晴明に助けを乞う。晴明は呪いを肩代わりさせるために、夫と後妻の人形をつくらせ祈祷の準備を進める。
  2. [鬼と化した女の登場]
    晴明が祈祷を始めると、稲妻とともに先妻が鬼となって現れた。夫と後妻の命を奪わんとするも、晴明の祈祷がこめられた人形を本人と錯覚したまま人形につめ寄り、恨み言を述べる。後妻の人形の髪を手にからめとって打ちたたき、なおも夫の命を奪おうとする。
  3. [鬼の退散]
    しかしそこには数多の守護の神々がおり、手出しができない。魑魅魍魎を退散させんとする神々の責めに、やがて通力も失せ、呪いの言葉を残しながら鬼は去っていった。

このページのTOPへ

曲目解説