玄象/絃上 ― げんじょう ―

  • 作者 不明
  • 素材 『平家物語』『源平盛衰記』
  • 場所 摂津国 須磨の浦(現・兵庫県神戸市須磨区)
  • 季節 初秋
  • 演能時間 約1時間20分
  • 分類 3番目 鬘物

■登場人物

前シテ・・尉

面:笑尉、朝倉尉、三光尉
装束:無地熨斗目又は小格子、 水衣、腰蓑、墨絵扇、由子

後シテ・・・村上天皇

面:中将
装束:初冠、紅入縫箔、指貫、単狩衣、黒骨妻紅扇

ツレ・・・藤原師長

面:直面
装束:風折烏帽子、厚板、指貫、単狩衣、神扇

前ツレ・・・姥

面:
装束:摺箔又は無地熨斗目、縷水衣

後ツレ・・・龍神

面:黒髭
装束:赤頭、輪冠龍戴、紅入段厚板、赤地半切、法被、打杖、琵琶

ワキ・・・師長の従者

装束:厚板、白大口法被、男扇

ワキツレ・・・従者

装束:無地熨斗目素袍上、鎮扇

アイ・・・師長の下人

装束:狂言上下

■あらすじ

入唐を思い立った琵琶の名手・藤原師長が須磨の浦で宿を借りた老夫婦の前で琵琶を弾くうち、村雨が降り出す。老夫婦は屋根に苫を敷き、雨の音と琵琶の音の調子を合わせるのだった。その対処に感心した師長は、老夫婦に一曲を所望、老夫婦の奏でる琵琶琴の素晴らしさに自らを恥じる。村上天皇と梨壷女御の霊であると明かした老夫婦は師長の入唐を留める為に現れたことを告げて姿を消す。再び村上天皇の霊が在伍の時の姿で現れ、龍神に海底に沈められていた琵琶の名器・獅子丸を持って来させ師長に授けて自らも舞を舞い、昇天する。師長は名器を携えて都へと帰って行く。

■小書

早装束(観世)、初能之式(観世)、舞返(宝生・金剛)、楽入(金剛)、窕(観世・宝生・金剛)

■舞台展開

  1. 藤原師長(ツレ)、従者(ワキ・ワキツレ)の登場。入唐を思い立ち都を出て須磨の浦に着く。
  2. 尉(シテ)と姥(ツレ)の登場。須磨の浦の景色をめでた後、塩屋に帰って休もうと言う。
  3. 師長一行は老夫婦の塩屋へ一夜の宿を借りる。老夫婦は琵琶の名手である師長の秘曲を聴聞したいと言う。
  4. 従者からも勧められ師長は琵琶を弾き始めると、村雨が降ってきて板庇を打つので弾くのをやめる。すると老夫婦は苫を板屋の上に敷くので、その理由を尋ねると、村雨が板屋を打つ音と琵琶の音を一調子にしたのだと言う。
  5. 師長は老夫妻が琵琶琴の嗜みのある者と思い一曲を所望すると、尉は琵琶を、姥は琴で越天楽を奏する。その素晴らしさに師長は自らの未熟さ知り、入唐しようとした浅ましさを恥じて立ち去ろうとする。老夫婦は師長を引き留めて自分は玄象の主である村上天皇と梨壷女御の霊であり、入唐を留める為に現れたのだと告げて姿を消す。
  6. 師長の下人(アイ)の登場。これまでの経緯や、玄象・青山・獅子丸の琵琶のことを述べる。
  7. 村上天皇の霊(シテ)が登場。唐土より三面の琵琶 玄象・青山・獅子丸が渡されたが、途中、獅子丸は龍宮へ取られた旨を言うと、下界の龍神に獅子丸を持参するように命ずる。
  8. 龍神(ツレ)が獅子丸を持って現れ、師長に琵琶を渡す。師長が琵琶を弾くと村上天皇も舞を舞う【早舞】。
  9. 村上天皇の霊は天上へ昇り、師長は琵琶を携えて都へと帰って行く。

このページのTOPへ

曲目解説