能楽師紹介 狂言方 茂山千之丞 しげやませんのじょう

氏名 茂山千之丞 しげやませんのじょう
本名 茂山 政次 しげやままさつぐ
流儀 大蔵流狂言方
生年月日 1923年
出身:在住所 京都府 : 京都市
役職 日本能楽会会員・重要無形文化財総合指定保持者
所属 童司カンパニー
表彰 1996年 芸術選奨文部大臣賞
芸歴 初舞台:1926年 演目「以呂波」 (3歳)
著作:『狂言役者-ひねくれ半代記』(岩波新書)
CD:『ハイパー「室町歌謡組曲」BASARASARA』(fintec)
趣味 読書(乱読)・酒(及び酒席)
能楽師以外で尊敬する人 六代目・尾上菊五郎
一番好きな狂言 『素袍落』・『無布施経』・『花子』・『薩摩守』・『寝音曲』
苦手な物 冷えた天婦羅
好きな食べ物 豆腐・お造り(特によこわ)・揚たての天婦羅
PRを一文 誰もが日本文化である「能」と気軽に出会えるよう「能楽堂を出た能」をプロデュースし「近鉄アート館能」「六甲アイランド能」「叶匠寿庵薪能」などを制作

このページのTOPへ

公演情報[Schedule]